4タイプあるミネラルウォーター

ミネラルウォーターと呼ばれる水は1種類ではなく、日本で農林水産省が認可しているのは4種類あります。
ナチュラルウォーター、ボトルウォーター、ミネラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーターの4つです。

ミネラルウォーターと聞くと、ミネラル成分が入っている水だと思いがちですが、そうではありません。
各ミネラルウォーターに対し、農林水産省が出しているガイドラインがあります。

ナチュラルウォーターは、沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の化学的または物理的な処理を施していない水です。
ボトルウォーターは、食品衛生法に従って殺菌処理が施された、スーパーやコンビニなどの店頭に並んでいる水です。
ミネラルウォーターは、ミネラル成分の添加、2箇所以上の源泉の混合、加熱殺菌以外の殺菌を施した水です。
ナチュラルミネラルウォーターは、ろ過、沈殿、加熱殺菌だけを施した水です。

このようにガイドラインを見てみると、体にいいミネラルウォーターを選びたいときは、もっと慎重にならなければいけないように思えてきます。
ミネラルウォーター商品のテレビCMなどを見ていると、大自然の中の水を採水してボトリングしたような印象を受けそうになりますが、ろ過や加熱殺菌など、人の手が加えられています。

ウォーターサーバーの種類の中には、採水する水がすでに安全基準を満たしていることから、人の手を全く加えないままのボトリングを実現している水もあります。
説明にじっくり目を通し、水にどんな処理を施しているのかなどを知ると、本当に自分が求めている水がおのずとわかってくるのではないでしょうか。