プラセンタの歯、口腔、肝臓系の治療

「歯槽膿漏や歯周病治療にプラセンタ」

プラセンタは美容目的だけでなく、歯科医院などでも治療に活用されています。
歯医者さんとプラセンタは、なんだか意外な組み合わせですね。
歯科医院の治療では、歯槽膿漏や歯周病の患者さんに使われています。

歯槽膿漏と歯周病のことを、同じもののように考えている方も少なくないようです。
歯周病菌と呼ばれる細菌に感染して、歯ぐきが腫れたり血が出るようになることを歯周病といいます。
歯科医院で治療を受けず放置していれば、最終的に歯が抜け落ちることもあります。
歯槽膿漏は、歯周病菌に感染して膿の症状が出ることをいいます。
歯槽膿漏は、歯周病の症状の一種というわけです。

歯周病を発症する日本人は、成人のおよそ80%にも及んでいます。
かなり多くの人が発症している口腔系の病気ですが、意識的に予防に取り組んでいる人は少ないようで、歯科医院を受診したときにはかなり進行していることも多いものです。

プラセンタが歯周病の治療に用いられるのは、抗炎症効果があるからです。
組織が傷ついた状態にプラセンタを用いることで、修復することが可能です。
歯周病菌という細菌を、プラセンタが除去するともいわれています。
一種類の成分で、複数の効果を発揮してくれるのですね。

歯周病をまだ発症していないという方は、将来かからないために、生活習慣に気を遣うようにしてみてください。
すでに発症している方も、プラセンタで歯周病の治療を受けながら、乱れた生活習慣を改善することで、より一層効果的に治せるでしょう。
こちらもおすすめ⇒脂肪肝ランキング